HOME はじめての方へ

はじめての方へ

院内風景

普段は室内で過ごしている猫ちゃんをキャリーバッグに入れての通院、とても憂鬱に感じる飼い主さんも多いかと思います。

当院は、まずは飼い主さんにリラックスして頂き、猫ちゃんにとっても落ち着ける空間にしていただきたいという思いから「病院らしくない病院」を目指しています。

待合室・診察室

待合室や診察室は、出来る限り病院のイメージを取り払い、「猫好きの人の家に遊びに来た」というような気持ちになっていただけるよう目指しています。猫ちゃんを連れ出すことに抵抗がある場合は、まず飼い主さんだけで相談にいらしていただいても大丈夫です。

飼い主さんの緊張は、猫ちゃんに伝わります。そこで、まずは飼い主さんだけでもお気軽に「遊びに」来ていただける病院づくりを心がけています。待合室には猫グッズコーナーを設けており、ハンドメイド作家さん手作りの猫雑貨などもお買い求め頂けます。

ふらっとお立ち寄りいただき、ついでにおうちの猫ちゃん自慢や相談事など、スタッフにお気軽にお話しください。猫ちゃんが通院しなくても、飼い主さんを通じて普段の猫ちゃんの状況を知ることができるのは、病気の早期発見・早期治療につながります。どうぞご遠慮なくお立ち寄りください。

キャットウォークシェルター

また、これから猫を飼おうと思っている方のために、里親募集中の猫を待合室で御覧いただける透明キャットウォーク型シェルターを備えております。現在募集中の猫の情報はブログ等でご確認いただけます。

はじめてご来院する方へお願い

ご予約のお電話をお願いします

当院では、待ち時間を少なくするため、また、猫ちゃんどうしの鉢合わせを避けるために、事前のご予約をおすすめしています。

まずはお電話にて、ご来院理由や猫ちゃんの症状を簡単にお聞かせくださいませ。
その際、過去の治療・検査や予防の記録、排泄物などのご持参をお願いする場合がございます。

ご来院されましたら、受付にお声をおかけください。初診問診票に飼い主さんや猫ちゃんの情報をご記入いただきます。受診後、診察券を発行しますので、次回ご来院時よりご持参頂き、受付時にお渡しください。

キャリーバッグに入れてご来院ください

猫ちゃんの脱走防止のため、必ずキャリーバッグに入れてのご来院をお願いします。また、待合室でもキャリーから出さないようにお願いします。

お気に入りのタオルをキャリーに入れるなどしてご持参頂きますと、猫ちゃんの気分が落ち着きます。

当院は猫の病院なので、猫以外の動物に会うことはありませんが、緊張しやすい猫ちゃんの場合はキャリーに大きめのタオルや毛布を掛けてお待ち頂くと、待ち時間のストレスを軽減できます。

猫ちゃんの性格をお伝えください

過去のお出かけや動物病院受診の際に、暴れたり逃げたりするなどの行動があった猫ちゃんは、その旨お伝え頂けますとスムーズに診察が行えます。

処置の安全や猫ちゃんの恐怖感を軽減させるために、エリザベスカラーを装着したり、タオルで身体を包んだりする場合がございます。

また、リラックスのため猫ちゃんお気に入りのオヤツやおもちゃなどを診察室にお持ち込み頂くことも可能です。

PageTop